ご質問等は記事下部のコメント欄からどうぞ!

【れんこんの食べ過ぎ】吐き気?消化不良?胃痛?毎日食べる?など

れんこんの食べ過ぎ

主婦
主婦

れんこんを食べ過ぎるとやばい? 毎日食べるのは良くない?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • れんこんの詳細情報
  • れんこんを食べ過ぎるとどうなるのか
  • れんこんに関するよくある質問

 

見た目が特徴的な食材、れんこん。

管理人
管理人

秋から冬にかけて旬を迎える食べ物です。

この記事では、れんこんの食べ過ぎについて解説します。

この記事を読み終えると、れんこんについて理解でき、現在の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

れんこんの詳細情報

れんこんの詳細情報

れんこんの詳細情報
  1. 基本情報
  2. 含まれている成分
  3. 期待できる効果
  4. 食べ過ぎの目安

 

れんこんの基本情報

れんこんの基本情報は、以下の通りです。

名称 れんこん
主な産地 茨城県、徳島県
あっさりとした味わい
特徴 穴ぼこな見た目
品種 金澄れんこん、だるまれんこん、備中れんこん 等

産地については「東の茨城、西の徳島」と言われています。

 

れんこんに含まれている成分

れんこんに含まれている成分を羅列すると、次の様になります。

  • 水分
  • 食物繊維
  • カリウム
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • クロム
  • セレン

様々な栄養価が入っている食べ物ですね。

 

れんこんの効果

れんこんの効果として、以下の様なものが期待できます。

  • 腸内環境を整える
  • 血圧を下げる
  • コレステロール値を下げる
  • 免疫力を高める
  • 疲労回復
  • 美肌効果

適量であれば様々な良い効果を発揮する食べ物です。

 

れんこんの食べ過ぎの目安

れんこんの摂取量目安は、1日あたり200g程度です。

糖質量をもとに計算するとこうなります。

ただし、他の野菜との食べ合わせや体格によっても摂取量目安は変わります。

そのため、あくまでも目安として頭に入れておいてください。

 

れんこんを食べ過ぎるとどうなるのか

れんこんを食べ過ぎるとどうなるのか

れんこんの食べ過ぎるとどうなるのか
  1. 肥満
  2. 尿路結石
  3. 消化不良

 

れんこんの食べ過ぎ①:肥満

れんこんを食べ過ぎると、肥満の原因になります。

なぜなら、れんこんには結構糖質が含まれているからです。

100gあたりの糖質量は約15gです。

意外と糖質が多いですね。

 

れんこんの食べ過ぎ②:尿路結石

れんこんを食べ過ぎると、尿路結石になるリスクが上がります。

れんこんにはシュウ酸が含まれているためですね。

管理人
管理人
しっかりとアク抜き行いましょう。

 

れんこんの食べ過ぎ③:消化不良

れんこんを食べ過ぎると、消化不良を引き起こします。

なぜなら、れんこんには食物繊維が豊富に含まれているからです。

具体的な症状として、下痢や腹痛になる可能性があります。

 

ポイント

れんこんの食べ過ぎるとどうなるのか

①肥満

②尿路結石

③消化不良

 

れんこんに関するよくある質問

れんこんに関するよくある質問

れんこんに関するよくある質問
  1. れんこんはどのように調理すれば良い?
  2. れんこんのカロリーは低い?
  3. れんこんを保存する方法は?

 

れんこんはどのように調理すれば良い?

れんこんの調理方法は様々です。

生でも食べられますし、煮物や天ぷら、サラダなどにも活用できます。

具体的な調理方法については、kikkoman「れんこん(蓮根)を使った人気の簡単レシピ・メニュー」を参考にすると良いですよ。

 

れんこんのカロリーは低い?

れんこんは低カロリーな食材です。

100gあたり約66kcalと言われています。

カロリーが低く食物繊維の豊富な食べ物なので、ダイエット中にも良いとされています。

ただし、食べ過ぎると意味がないので気をつけましょう。

 

れんこんを保存する方法は?

れんこんは湿気に弱いため、風通しの良い場所で保存するのがオススメです。

ですので、冷蔵庫で保存するのが望ましいですね。

管理人
管理人
また、保存期間の目安は1週間となっていますが、できるだけ早めに食べ切るようにしましょう。

 

【れんこんの食べ過ぎ】まとめ

【れんこんの食べ過ぎ】まとめ

この記事では、れんこんの食べ過ぎについて解説しました。

管理人
管理人

れんこんに限らず、食べ過ぎには気をつけましょう。

れんこんに関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また、本サイトでは食べ物や飲み物に関する記事を公開しています。

食べ物・飲み物に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

ご質問等ありましたら、本記事下部のコメント欄からどうぞ。

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.