ご質問等は記事下部のコメント欄からどうぞ!

【牡蠣の食べ過ぎ】危険な事例がある?どれくらいなら良い?症状・対処等

牡蠣の食べ過ぎ

主婦
主婦

牡蠣を食べ過ぎるとどうなるの? 危険な事例があるって本当? 適量や症状などを教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 牡蠣の詳細情報
  • 牡蠣を食べ過ぎるとどうなるのか
  • 牡蠣に関するよくある質問

 

栄養価が非常に高いことで有名な食材、牡蠣。

管理人
管理人

11月から3月に旬を迎える食べ物です。

この記事では、牡蠣の食べ過ぎについて解説します。

この記事を読み終えると、牡蠣について理解でき、現在の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

牡蠣の詳細情報

牡蠣の詳細情報

牡蠣の詳細情報
  1. 基本情報
  2. 含まれている成分
  3. 期待できる効果
  4. 食べ過ぎの目安

 

牡蠣の基本情報

牡蠣の基本情報は以下の通りです。

名称 牡蠣
原産地 中国原産
ミルキーでコクがある
特徴 栄養価が高い、磯臭い(物による)
品種 真牡蠣、岩牡蠣

個人的には、広島の宮島の牡蠣がとても大好きです。

 

牡蠣に含まれている成分

牡蠣に含まれている成分を羅列すると、次の様になります。

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミンB12
  • 亜鉛
  • タウリン
  • オメガ3脂肪酸

栄養価の高い食材なので、様々な成分が含まれていますね。

 

牡蠣の効果

牡蠣の効果として、以下の様なものが期待できます。

  • 免疫力向上
  • 肝機能の改善
  • 疲労回復効果
  • 血圧やコレステロール値の改善

大きくはありませんが、期待できる効果は多いですね。

 

牡蠣の食べ過ぎの目安

牡蠣の摂取量目安は1日10個です。

健康に良いとはいえ、塩分や亜鉛などは含んでいます。

管理人
管理人
それらの摂取量を考えると、10個以上は食べ過ぎです。

 

牡蠣を食べ過ぎるとどうなるのか

牡蠣を食べ過ぎるとどうなるのか

牡蠣の食べ過ぎるとどうなるのか
  1. 下痢
  2. 腹痛
  3. 吐き気

 

牡蠣の食べ過ぎ①:下痢

牡蠣を食べ過ぎると、下痢になる可能性があります。

なぜなら、食べ過ぎると消化しきれないからです。

管理人
管理人
これは牡蠣に限った話ではありません。

 

牡蠣の食べ過ぎ②:腹痛

牡蠣を食べ過ぎると、腹痛の原因になります。

消化しきれず胃に残るため、しばらく腹痛が続きます。

食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

牡蠣の食べ過ぎ③:吐き気

牡蠣を食べ過ぎると、吐き気をもよおす可能性もあります。

牡蠣はよくあたると言われますからね。

管理人
管理人
食べれば食べるほど当たりを引く確率も上がります。

 

ポイント

牡蠣の食べ過ぎるとどうなるのか

①下痢

②腹痛

③吐き気

 

牡蠣に関するよくある質問

牡蠣に関するよくある質問

牡蠣に関するよくある質問
  1. 牡蠣は生で食べられる?
  2. 牡蠣は冷凍保存できる?
  3. 牡蠣による危険な事例があるって本当?

 

牡蠣は生で食べられる?

牡蠣は生でも食べられます。

ただし、食中毒の原因となる可能性があるため、十分に加熱するのがオススメです。

管理人
管理人
自分で調理するなら、生食は控えた方が良いですよ。

 

牡蠣は冷凍保存できる?

牡蠣は冷凍保存も可能です。

ただし、味や食感が落ちる可能性があります。

可能な限り早く食べましょう。

 

牡蠣による危険な事例があるって本当?

牡蠣による危険なが報告されたことはあります。

ただし、私が調べた限り海外のものばかりでした。

管理人
管理人
日本でも食中毒の事例は沢山ありますが、危険な事例はほとんどありません。

 

【牡蠣の食べ過ぎ】まとめ

【牡蠣の食べ過ぎ】まとめ

この記事では、牡蠣の食べ過ぎについて解説しました。

管理人
管理人

栄養価の高い食べ物ですが、食べ過ぎには気をつけましょう。

牡蠣に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また、本サイトでは食べ物や飲み物に関する記事を公開しています。

食べ物・飲み物に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

ご質問等ありましたら、本記事下部のコメント欄からどうぞ。

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.