ご質問等は記事下部のコメント欄からどうぞ!

【マンゴスチンの食べ方】食べ頃は?冷やす?値段・味・栄養など

マンゴスチンの食べ方

主婦
主婦

マンゴスチンはどうやって食べるの? 食べ方を教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • マンゴスチンの詳細情報
  • マンゴスチンの食べ方

 

熱帯地域原産の果実、マンゴスチン。

管理人
管理人

紫色の堅い皮が特徴的な果物です。

この記事では、マンゴスチンの食べ方について解説します。

この記事を読み終えると、マンゴスチンの食べ方について理解でき、美味しく食べられます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

マンゴスチンの詳細情報

マンゴスチンの詳細情報

マンゴスチンの詳細情報
  1. 基本情報
  2. 含まれている成分
  3. 期待できるメリット
  4. マンゴスチンについて

 

マンゴスチンの基本情報

マンゴスチンの基本情報は、以下の通りです。

名称 マンゴスチン
発祥 マレーシア
種類数 多数
特徴 赤紫色の厚い皮
100gあたりのカロリー 67kcal

カロリーは低めですね。

 

マンゴスチンに含まれている成分

マンゴスチンに含まれる主な成分を羅列すると、次の様になります。

  • ビタミン
  • カルシウム
  • ポリフェノール

果物によく含まれている成分ですね。

 

マンゴスチンのメリット

マンゴスチンのメリットとして、以下の様なものを期待できます。

  • 抗酸化作用
  • 免疫力の維持
  • 炎症抑制
  • 消化を助ける

栄養価の高い食材なので、良い効果もいくつかありますね。

 

マンゴスチンについて

マンゴスチンは「クイーン・オブ・フルーツ」とも呼ばれています。

日本語にすると、「果物の女王」という意味です。

管理人
管理人
このように呼ばれている理由は、かつての女王がマンゴスチンを好きだったからと言われています。

ただし、諸説あります。

 

マンゴスチンの食べ方

マンゴスチンの食べ方

マンゴスチンの食べ方
  1. 中央部に切り込みを入れる
  2. 上限にひねる
  3. 果肉を食べる

 

マンゴスチンの食べ方①:中央部に切り込みを入れる

マンゴスチンは比較的簡単に食べられる果物です。

まずはマンゴスチンの中央部に包丁で切り込みを入れましょう。

横から一周、果皮だけを切るイメージでぐるっと切れ込みを入れます。

果肉を切るとこの後の工程が難しくなので、薄めに切れ込みを入れるのが良いですよ。

理由については後で解説します。

 

マンゴスチンの食べ方②:上限にひねる

マンゴスチンを両手で上下から持ってひねりましょう。

桃の果皮を取り除くときと同じイメージです。

そうすることで綺麗に皮が取れます。

管理人
管理人
包丁で入れた切り込みが深いと、この時に果肉も一緒に崩れてしまいます。

逆に、手でひねっても果皮が取れない場合は、再度包丁で切り込みを加えましょう。

 

マンゴスチンの食べ方③:果肉を食べる

あとは果肉を1つずつ食べるだけです。

フォークで刺して食べても大丈夫ですし、手で食べても大丈夫です。

食べやすい方法で食べると良いですよ。

ここで紹介した食べ方をすると、お皿を使わずに済みます。

洗い物が減るのでとてもおすすめです。

 

【マンゴスチンの食べ方】まとめ

【マンゴスチンの食べ方】まとめ

この記事では、マンゴスチンの食べ方について解説しました。

管理人
管理人

色々な食べ方があるので、色々と試してみてください。

マンゴスチンに関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また、本サイトでは食べ物や飲み物に関する記事を公開しています。

食べ物・飲み物に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

ご質問等ありましたら、本記事下部のコメント欄からどうぞ。

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.