ご質問等は記事下部のコメント欄からどうぞ!

【ショートブレッドとクッキーの違い】サブレ・人気・カロリーなど

クッキーとショートブレッドの違いについて

主婦
主婦

ショートブレッドとクッキーは何が違うの? 人気やカロリーなども含めて教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ショートブレッドとクッキーの違い
  • ショートブレッドとは
  • クッキーとは

 

焼き菓子の一種、ショートブレッドとクッキー。

管理人
管理人

両方とも主成分は小麦粉です。

この記事では、ショートブレッドとクッキーの違いについて解説します。

この記事を読み終えると、ショートブレッドとクッキーの違いについて理解できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

ショートブレッドとクッキーの違い

ショートブレッドとクッキーの違い

ショートブレッドとクッキーの違い
  1. 材料
  2. 見た目
  3. 用途

 

ショートブレッドとクッキーの違い①:材料

ショートブレッドとクッキーは、使う材料が違います。

ショートブレッドは小麦粉、バター、砂糖から作られます。

一方で、クッキーの材料は小麦粉、バター、砂糖、卵です。

つまり、ショートブレッドに卵を加えたものがクッキーということです。

 

ショートブレッドとクッキーの違い②:見た目

ショートブレッドとクッキーは見た目も異なります。

クッキーに比べてショートブレッドは表面が滑らかで色白です。

管理人
管理人
クッキーの方がゴツゴツとしていて濃い肌色ですね。

 

ショートブレッドとクッキーの違い③:用途

ショートブレッドとクッキーは、用途も違います。

ショートブレッドはパンなので、主食として食べられます。

一方で、クッキーはお菓子として食べられます。

クッキーを主食として食べる人はなかなか居ないでしょう。

 

ショートブレッドとは

ショートブレッドとは

ショートブレッドとは
  1. 特徴
  2. 栄養素
  3. メリット

 

ショートブレッドの特徴

ショートブレッドは、クリーミーでサクサクとした食感が特徴的な食べ物です。

バターの風味が豊かで、甘さは控えめとなっています。

また、シンプルな材料で手軽に作れます。

 

ショートブレッドの栄養素

一般的にショートブレッドに含まれる栄養素は、以下の通りです。

  • 炭水化物
  • 脂質

パンなので、こんなものですね。

 

ショートブレッドのメリット

ショートブレッドには、次のようなメリットを期待できます。

  • 手軽に作れる
  • 満腹感を得やすい
  • エネルギー補給できる

時間がない朝などに簡単に食べられるのは大きなメリットですね。

 

クッキーとは

クッキーとは

クッキーとは
  1. 特徴
  2. 栄養素
  3. メリット

 

クッキーの特徴

クッキーは様々な種類があるお菓子です。

サクサクとした食感で、幅広い年齢層に好まれています。

また、安価で手に入りますし、自宅で作ることもできます。

 

クッキーの栄養素

クッキーに含まれる栄養素は、以下の通りです。

  • 炭水化物
  • 脂質

ショートブレッドと変わりませんね。

大した栄養はありません。

 

クッキーのメリット

クッキーには、次のようなメリットを期待できます。

  • エネルギー補給できる
  • 手軽に食べられる
  • 満足感を得られる

栄養面でのメリットはほとんどありませんね。

食べる必要のない嗜好品です。

 

【ショートブレッドとクッキーの違い】まとめ

【ショートブレッドとクッキーの違い】まとめ

この記事では、ショートブレッドとクッキーの違いについて解説しました。

管理人
管理人

似ている様で、違いも多い食べ物ですね。

ショートブレッドとクッキーに関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また、本サイトでは食べ物や飲み物に関する記事を公開しています。

食べ物・飲み物に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

ご質問等ありましたら、本記事下部のコメント欄からどうぞ。

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.